「引き寄せの法則」 引き寄せストーリー

「引き寄せの法則」 引き寄せストーリー

引き寄せの法則についての誤解

”「引き寄せ」というストーリー”を体験したいと思う場合、うまくいかずに悩む人も多いでしょう。

”見た目に騙されない”というのがポイントです。

①見た目にこだわらない、騙されない

「在り方(設定・意図)の選択→現象・現実」の順です。これがシステムです。

「現象・現実⇒在り方(設定・意図)の選択」でも いいのですが、システムを利用する上ではうまいやり方とは言えません。現象に影響されない”ワタシ”を基準に在り方を決めた方がいいでしょう。

結果 を見て自分を責めなくていい

②「個人」の枠を超える ワタシはスクリーン

「個人」視点だけでは、現実に振り回されやすいのです。個人である私を主体とすると、それ以外の人や物や状況を客体とし、主体が客体を得たり失 ったりストーリーを繰り返すことになります。

私=スクリーンとして、「私」という主体とそれ以外の 客体を、スクリーンに映っているものとして観れば、客体への過剰な反応も減り、ワタシ(スクリーン)の在り方を決めやすいのです。

5次 元の”意識”という在り方

③専用世界(所有者はワタシ)

スクリーンに映っている世界を、ワタシ専用世界として安心して” 観て”ください。専用世界の中で何を演じてもいいですし、何を手にしてもいいのです。敵役のようなものはいますが、本当の敵はいません。「主体が客体を引き寄せる」というストーリースクリーン上で 観ることもできます。でも最初から所有者はワタシなのです。

願望 実現と願望実現物語(引き寄せ物語)
「あ る」と「ない」はワンセット ”既にある” コインの表裏

「引き寄せの法則」 引き寄せストーリー でした


PAGE TOP