5次元の”意識”という在り方

私たち「個人」が”生きている”と信じている世界は、3次元空間+時間の世界ですね。
3次元空間の中に「私」がいて「他人」がいて「物体」が存在し、「時間」が流れているように見えています。

3次元空間+時間の存在しか認めていない状態で「私」が”生きて”いるという前提なら、当然何かを得るため・体験するためには「行動」が必要です。未来を想定して、「計画」し、「努力」しなければ目的は達成できません。

”引き寄せの法則”などのスピリチュアルな方法を使うにしても、やはり「私」(個人)の努力(イメージ、アファメーション、瞑想・・・)が絶対に必要だということになっています。引き寄せるにしても、目的を得るためには、”何かをしなければ手に入らない”のです。

ただ、この(三次元空間+時間)の中で、いろいろと行動したり思考を調整しようとしても、「個人」の不断の努力が必要ですし、時間もかかりすぎるんです。

私はこのブログで、私たちの本質は”意識”であって、人間(個人・名前)ではないということを、皆さんと共有したいと思っています。

”意識”=すべて です。

”意識”は三次元空間と時間のすべて含んでいます。「私」も「他人」も「物体」もすべてがワタシ(意識)なんです。
そして、その(三次元空間+時間)という4次元の世界を観察しているのもワタシ(意識)です。

つまり、

ワタシ(意識)=すべて(三次元+時間)であり、且つ、すべて(三次元+時間)を観察している存在でもあります。

o0640047013487705420

個人としての「私」は、ワタシ(意識)が4次元世界を体験するために創造したアバターのようなものです。

単なるアバターなのですが、”私は生きている”と思い込むことにより、4次元世界に没入することができました。アバターには思考も感情もありますし、記憶を蓄積することもできるので、”私は生きている”としか思えないのです。

4次元世界での体験に没入することは、ワタシ(意識)としては楽しいことなので悪いことではないのですが、別の選択肢もあるのでそちらを選んでもいいのです。

それは真実を思い出した上で、楽しむということです。

すべてがワタシ(意識)が創り出している幻想だと分かっている上で、「私」というアバターで4次元ゲームを楽しむのです。

スーパーマリオメーカーと人生

ワタシ(意識)はすべてであり、そのすべてを眺めている存在ですから、4次元世界の外側にいます。ですから、「私」(個人)の在り方も自由に選べます。世界情勢に影響される必要もありません。(影響されるストーリーも選べる)
時間に縛られる必要もありません。

つまり、
自由です。

これまでは「私」が自由になるために努力してきたことだと思いますが、皆さんの存在自体が元々「自由」なんです。

これまでは ”「私」が「不自由」を体験する”というストーリーを選択していただけなんです。

ですから今のままでいいのです。

ワタシ(意識)は、常に5次元(4次元の外側)という、時間・空間に影響されない”いまここ”にいます。

o0640047713453373478

ワタシ(意識)は映写機であり、スクリーンであり、アバター視点の鑑賞者です。いま以外の時間など本来無いですし、ここ以外のどこかなどありません。ワタシ(意識)にとっては。

”いまここ”の本当の意味
あなたは照観者

いま以外やここ以外という、ワタシ(意識)が創り出した幻想でしかないものを、リアルなものとして体験しているのが「私」というアバターです。

3次元世界のアバターの機能

それが分かれば、あとは遊びになります。
「私」が努力して何者かになろうとしたり、「する」ことで目的を得ようとする必要が無いことを知っているので、「やるべきこと」から解放され、「やりたいこと」をやるしかなくなるのです。

ワクワクすることをしたら成功するという「私」視点の成功メソッドを「する」必要などなく、自然とワクワクすることしかできなくなるんです。

t02200158_0640045913487708359

私個人(エリック358)は4次元の人生で10年以上成功法則を探し求め、同時に実践してきました。最初は一般的な自己啓発から始まり、スピリチュアルに移行し、その後すべてを捨て現実的努力をし、またスピリチュアルに戻りました。その中でいくつものメソッドを実践しましたし、死ぬほど働いたりもしました。私「個人」が出来る努力はすべてやりました。それでも現実は何も変わりません。自分が求めている現実は一向にやってきません。欲しいものも引き寄せられません・・・・・・

でも気づきました。「私」の在り方の大前提を間違えていること、さらに「私」の存在への認識自体も間違っていたことに。

今まで信じていたものがすべて幻想であり、すべてが勘違いであることに気づいたのです。

結果として、「私」個人の、思考・感情のコントロールや、現実的・スピリチュアル的努力から解放されました。「すべきこと」「思うべきこと」「感じるべきこと」からも解放されました。そういうものは必要ないことに気づいたからです。

「しなければならないこと」「すべきこと」などない

「私」はアバターであり、自分の本質はワタシ(意識)であり、「すべて」なので、もう楽しむことしかできないのです。

自分自身が”意識”であることを思い出すために何かを「する」必要もありません。なぜなら、最初からそうだからです。ただ忘れていただけです。ですから「ああ、そうだったのか」という感想だけで十分なんです。

上で紹介している動画の内容は、”意識”としての自分を取り戻すためのメソッドではありません。最初から”意識”だったんだと、ただ思い出すためのものです。ヒントではなく、答えそのものです。

何かをする必要も、何者かになる必要もなく、今のままでよかったということに気づいてもらいたいと思います。

5次元の”意識”という在り方 でした。

※人間ゲーム設定変更メソッドという電子書籍を販売していますが、「行動」や「思考法」を皆さんに課すような内容ではありません。「”意識”であることを思い出せば、結果として○○するしかなるなる、○○と考えるようになりますよ」という内容です。”意識”としての自分を取り戻すと、どのように人生というゲームを楽しめるようになるのかという内容であって、成功のためのメソッドではありません。人生ゲームをより楽しむための”最初”の参考資料として読んでいただければと思います。絶対に読まなければ真実を理解できないとか、人生を楽しめないということではありませんよ。意識としての自分に気づくと、”自然と”楽しめるようになりますから。

●人間ゲーム設定変更メソッド

●Twitter (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ

クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP