神々の遊び。神意識で人間ゲーム体験

「本当の自分は、”意識”であり、人間というアバターを通して世界を体験している」

このブログの内容はこの一点に絞られています。

絶対的な真実だから信じなさい!とは言いませんが、この考え方を採用すると、既存のスピリチュアル的な願望実現法や、問題解決法が理解しやすくなるかもしれません・・・・

これまで、私たちの人生を「映画」や「ゲーム」に例えてきました。

普通の人が、”自分自身”であると思い込んでいるのは、「映画の役者(役どころ)」、「ゲームのアバター(キャラクター)」なのです。
でも、それらが私たちの本質ではありません。

映画であれば、
私たちの本質=スクリーン(照観者)=[ストーリー・役者(役どころ)・舞台・・・・映画のすべて]

ゲームであれば、
私たちの本質=プレイヤー(クリエイター)=[ストーリー・キャラクター・ステージ・・・・ゲームのすべて]

o0640042513466171663

簡単に言えば、
私たちの本質=すべて
だと言えるでしょう。

”人間としてのあなた”は、”すべて”の中のほんの一部分でしかありません。ですから、”私は人間である”という”常識的”な意識状態でいると、多くの制限があるように思えますし、人生に悩み苦しみ、一喜一憂を繰り返す人生を送ることになるでしょう。

それも悪いことではないのですが、他にも選択肢があってもいいと思います。私がおすすめするのは、

「私は神である」

という意識状態です。神意識です。

o0640042713466169346

自分が神なんて図々しい・・・・神への冒涜だ!という声が聞こえてきそうですが、私が言いたいのは”意識状態”の話であって、単なる例えだと思ってください。

すべてを創造し、コントロールできる存在のことを”神”としてください。

これまで、私たちの本質は”ひとつの意識”であると述べてきましたが、それを”神”と言い換えただけです。”ひとつの意識”より”神”の方が分かりやすいから、”神”と表現します。(崇め奉る存在としての神のことではありません。)

この世界は、”神”が自身を知るために創造したものと捉えてください。完全な神が不完全を体験したくて、この世界を創りました。その中で無数の人間(アバター)を創造し、人間になりきり、人間の視点で世界を体験しているのです。本来神である人間が神であることを忘れることによって、様々なドラマが生まれ、喜怒哀楽、四苦八苦などを体験できるようになっているのです.・・・・

人間になりきり、人間ドラマにのめり込むのも楽しいですが、あまりにのめり込みすぎると、ドラマが悲惨なものにもなります。そうなる前に、自分が神であるという神意識を取り戻し、すべての可能性の中から、好みのドラマを選択する立場に戻ってもいいのです。

意識状態の問題なので、修行して神になろうとか、覚醒しなければならないという話ではありません。自分自身の捉え方を変えてみることもできますよ・・・という話です。

この動画のように

自分の本質に気づき、”神意識”で生きる方法もあるのですから、こちらを採用してみてもいいと思いますよ。神意識を思い出せば、人生が遊びになります。ただ人生を楽しもう!という気になるのです。

他人を崇めなくても、うらやましがらなくてもよくなります。”外側”に情報を求めなくなります。なぜなら、「自分=すべて」であることが分かり、状況や物を単に”選択”することで、楽しめるようになるからです。

神意識で、人生で遊んでみるのはいかがでしょうか。

神々の遊び。神意識で人間ゲーム体験 でした

●人間ゲーム設定変更メソッド

●Twitter (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ

クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP