3次元世界に投影されたアバター

2017年1月4日

私たちは何のために生きているのか。一体何者なのか。その答えは3次元空間(+時間)の中に生きている(と信じている)私たち(だと信じている)にとって理解出来ないのが普通です。

この世に生まれ、何の疑いもなく他人の言葉を信じ、常識(とされている)の中で生き続けていると、自分の内面と対話することなどほとんどありません。常に他人の言葉や世界情勢に反応し、ひたすら自分を正当化する人生を生き続けるのです・・・

一体私たちは何者なのか・・・・・

”本当の私”とは 「意識」なのです。

????

意味が分からないのは当然のことです。

(※言葉の分析は混乱を招きます。言葉は万能ではありません。単なるツール。言葉にとらわれていると本質は見抜けません。)

「意識」とは形が無く、色も質量もありません。(頭での理解は諦めてください。)”本当の私 ”は意識であり、これまで ”私 ”と信じ続けていたものは”本当の私”ではありません。じゃあ今生きている(と思い込んでいる)”私 ”って何なの??

それは”アバター”です

????

アバター???

またまた混乱させてしまったかもしれません。でも、これが真実です。「意識」がアバターを使ってこの世を体験しているのです。

”本当の私”とは「意識」であり、”身体”はアバター

 

~アバターを通してこの3次元世界を体験している~

t02200272_0517064013442580410

なぜそんなことをしているのかと言うと、それが楽しいからです。別の記事でも話していきますが、「意識」は完全であり、すべてです。アバターの思考では考えられなくらい完璧なのです。ただ、「完璧」なので何かを「する」必要がない。成長する必要もない。しかも「意識」は唯一のもの。友達がいないようなものです。

自身が「完璧」で、「ひとつ」なので、何もすることが無いし、「ひとつ」なので「対象」が存在せず、何かに影響を与えたり、影響を受けることも無い。さらに”死ぬ”ことも出来ない、永遠の存在です。

「完璧」な「意識」は完璧すぎて面白くありません。そこで自分でゲームを創り出しました。そのゲームの性質は、「意識」の性質とは正反対のものです。

「不完全」「制限」「生・老・病・死」「時間を要する」「対立」「加害・被害」「罪と罰」「争い」「不足」・・・・
こんな性質のゲームをやりたいワケないだろうと思われるかもしれませんが、「意識」にとっては面白いのです。なぜなら、このような「体験」ができないから。

完全性をもつものが、「不完全」を知りたくて地球を舞台としたゲームを創り出して遊んでいるのです。

意識の性質として、ネガティブ(アバターにとって)な性質を紹介しましたが、もちろんポジティブ(アバターにとって)な性質もあります。

「愛」「喜び」「笑い」「親子関係」「友達」「好き嫌い」「達成感」・・・・これらも「意識」の性質とは違います。
アバターにとってはポジティブであり、「良い」ものであると信じています。

ただし、これがワナなのです。

三次元世界で生きるアバターとしての私たちの特性として物事を「ネガティブ・ポジティブ」「良い悪い」「正しい間違っている」「うまくいっている、うまくいっていない」などと勝手に決めつけてしまうのです。

本質は、すべてが”ただ起こっている”だけであり、「意識」にとってはすべてが○(マル)なのです。

ですから、(「意識」が世界を創り出し、アバターをいくつも同時に創り、世界を体験している)という真実をただ思い出すだけで、(すべて○の世界から、さらに好みの◎を選び体験するゲーム)を本当の意味で”楽しむ”ことができるのです。

私が一番お伝えしたいのは、

●自ら世界を創り出し、アバターを通して体験するというゲームをプレイしている

e15cddfb5779153caba2fa5c12d30488_s

これだけです。これからこのブログで様々な事実をお伝えしていきますが、いつでも↑の真実に還ってきてください。

ゲームを楽しむ上では、この事実を知っているだけでも十分なくらいです。ただもっと「意識」の性質、「アバター」の性質を知ることにより、よりゲームを楽しめるようになると思います。

人間ゲーム設定変更メソッド ~究極の願望実現法~は、最短でこの「人生」というゲームを楽しむことができるように、大事なポイントを簡潔にまとめています。「アバター」にとっては多すぎる情報は混乱を招くこともあります。このブログはもちろん無駄な知識を紹介しているわけではないのですが、(ゲームを楽しむ)上でちょっと邪魔になる場合もあるかもしれません。

このブログの内容すべてを知識として取り込み、完全に理解しないといけないわけではないです。「アバター」を創り出した理由は、ゲームを楽しむためです。それが第一目的です。

楽しむためには、難しく考える必要は無いですから、是非この本を読んでゲームを楽しむ(願望を実現する)ことを体感してもらいたいと思います。

エリック358

●人間ゲーム設定変更メソッド

●Twitter   (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ

クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP