エゴの理解について 親・子の関係

エゴの理解について 親・子の関係

このブログでは、”意識(=すべて)”が”本当の私”であることに気づくことで、エゴの思考や感情に惑わされることなく”自分専用の世界”を存分に満喫できることを皆さんと共有したいと思っています。

いろんな記事を書いていますが、真実はシンプルです。エゴ視点でも解りやすいように説明したいと思っていますが、解らなければうまくいかないということでは決してありません。エゴの頭で理解することは成功の条件ではないのです。理解などしなくても、”そういうことらしいな”くらいで十分です。

現在の自分を不完全なものとして、学び続けた後に成功する必要はなく、”今ここ”で実践することの方が大事です。”実践”と言っても、”意識”として今ここでの在り方を決めること以外にやることはありません。

本当の私=すべて なのですから、条件や代償などなくても好みのものを選ぶことができますし、エゴの理解も必要ないのですから、本来はシンプルなはずなんです。時間もお金もエネルギーも必要としないですし、難しい仕組みを理解する必要もないんです。

引き寄せの法則についての誤解

エゴとの一体化をやめる

これまで私たちは、身体とそれに付随する性格や考え方・積み重ねてきた経験こそが本当の自分であると信じ、一人の人間として・大人として正しさを基準にして、努力を積み重ねてきました。スピリチュアルな分野を学んでも、やはり努力するしかなかったんです。

努力が悪いということではないのですが、「自分自身」について誤解をしたままでは、人生を存分に楽しむことができませんし、真面目になればなるほど人生が修行のようなものになります。

過去を悔やんだり、未来に期待したり、他人と比較したり、現実を自分のものとして受け入れられないのがエゴです。世界は自分とは切り離されていて、現実を変えるには実際に行動して外側に働きかけるという手段しか無いと思い込んでいるのがエゴです。

エゴは、この世で”人生”を生きる上でのアバターのようなものです。つまり仮の自分です。確かに世界を見る”視点”はエゴ(アバター)のものですが、私そのものではないということです。
エゴというアバターは世界に対してリアクションし、自分自身や世界に対して判断を下し勝手に価値を決めてしまいますが、エゴ自体もその判断も幻想です。絶対的なものではなく、選択の一つを知らぬ間にしているということです。エゴの視点しか持ち合わせていないと、選択肢が大幅に狭まってしまうのです。

「ある」と「ない」はワンセット ”既にある” コインの表裏
意図は意図 リモコンのボタンを押すのに力はいらない

でもエゴを何とか変えようとする必要はありません。私そのものではないということを認めるだけでいいんです。現実にリアクションするだけのエゴ、過去から影響されるエゴ、未来を心配するエゴ・・・・そんなエゴと一体化することだけをやめればいいのです。

エゴを子供のように見守る

一体化さえやめれば、エゴに影響されることが無くなります。不安になっても”不安だね”、心配していれば”心配しているね”と子供のように扱ってください。否定したり、消そうとする必要はありません。ただ認めるだけです。 エゴの思考や感情を受け止められるのが、”本当の私”です。その本当の私は常に”今ここ”にいてエゴの”人生”を見守ることができます。一体化さえやめればです。

o0640047913771417745

 

●本当の私(=すべて=プロジェクター・スクリーン・観客)視点で意図・選択・設定(今ここ)

●エゴ視点(一人称視点)でプロセス・結果を味わう

 

本当の私視点もエゴ視点も、どちらもなければならないのです。
本当の私が親なら、エゴは子供です。一体化せずに親として意図して、子供を楽しませてください。子供の不安を感じとってあげてください。

エゴの理解について 親・子の関係 でした。

●人間ゲーム設定変更メソッド
●Twitter (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ
クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP