主権と責任

あなたは、あなた専用世界のトップであり、主権者です。
その権力はゆるぎないものです。誰にもその座は奪えません。

(他人を無理やりコントロールしたり、特定の思考や行動を強制するような独裁者ではありません)

主権者

自らの権利を行使し、”すべて”の中から自由に選択し、体験することができる存在です。

世の中(自分の世界)で何が起ころうと、他人(自分の世界の住人)がどんな言動をしようと、”すべて”を見守り、自分のものとして受け入れるべき存在でもあります。

o0640053713512107474

主権があるということは、責任も伴います。

何かを意思決定(意図)すれば、それに応じた世界を体験することになります。
無意識にやっている意図であっても、エゴに騙された(主権を譲り渡した)状態での意図であってもです。

その意思決定(意図)通りの体験をします。

あなた専用の世界は、あなたの意図や選択をそのまま表現します。
ですから、見ている現実(特にアバターとしての私の周囲)に対しての責任はとらなくてはいけません。

と言っても、自分を責めるという意味ではなく、自分のものとして、ただ受け入れるということです。まず受け入れて、そこから好みの選択をすればいいのです。

望んでいない現実を見て、いろいろと対処したくなるかもしれませんが、大前提を変えなければ、望んでいない現実を再選択することになります。現実へのリアクションはほどほどにして、まず自分専用世界での体験であることを認め、そこから自由に選択・意図すればいいんです。

特定の誰それだけに知恵と力が備わっているのではなく、誰もがすごい能力を秘めています。
神が人間の姿を乗り物として、この世を味わっています。そのことに、”気づく”というか”知る”だけで十分です。もともと神なんですから。

自分が神であることに気づいていない人は、”偽りの私”(エゴ)を”本当の私”だと信じています。エゴ(見た目、性格、記憶、思考、観念)はこの世(三次元世界+時間)で徐々にくっつけてきたラベルの集合体です。不安定な存在なので、いつも不安で、過去という幻想に影響され、未来を想定しています。エゴは”今ここ”にいることはできません。完璧になるために必死にラベルを求め続けています。

o0640045613512109415

3次元世界のアバターの機能

エゴは自分自身を責めますが、本当の責任はエゴにはありませんし、現実の原因も(三次元世界+時間)の中には無いので、混乱し続けます。そこで、ますます自分を責めるか、完璧になるために努力し続けることになります。

真の原因と見かけ上の原因

神としての本当の自分を思い出し、何からも(過去・記憶・現状・他人・エゴの不安)影響されない主権者として、選択・意図し、結果に対して責任をとる覚悟をしてください。大変なことでも難しいことでもありません。その方が楽ですし、楽しいのです。何の責任も負わないゲームなどつまらないですから。

主権者として権利を行使できることも、結果に責任を持つことも、「人生ゲーム」の中での最低限のルールです。その中で楽しめばいいのではないでしょうか。

主権と責任 でした。


PAGE TOP