他人を崇める必要はない

2017年1月4日

世の中には、多くの自己啓発本、成功法則本、自己コントロール本、スピリチュアル本、願望実現本が存在しています。

また、ブログを運営していたり、セミナーを開催しているスピリチュアリスト、心理カウンセラー、経営者などもたくさんいますね。

自己啓発・スピリチュアルな情報を発信する人の本やブログを見たり、セミナーに行くことが悪いことだとは思いませんが、あまりにもハマりすぎたり、特定の人を神格化し、崇めるような状態になることを、私はおすすめしません。

私は、過去そういう傾向があり、様々な本を読んだり成功者の言っていることを唯一の真実だと思い込み、同じようにできない自分を責め、さらに情報を追い求め続けてしまうという状態でした。もちろん、うまくいくわけもなく、いつも不安で自信が無い状態が続いていました。

本来、私たちは”外側”に頼ることなく、自分で人生を創ることができる存在です。

”成功を夢見る”
”成功を追い求め続ける”
”成功のための知識を増やそうとする”
”悟りを求める”
”アセンションを求める”

こういう意識状態でいることは、

「私は今成功していない」
「私には知識が無い」
「多くの知識、メソソッドを会得しなければ成功できない」
「私は今悟っていない」
「今のままではアセンションできない」

このような自分の”在り方”を強めるだけであり、不安を増幅させ、逆に成功から遠ざかる状態になりかねません。

この世には、「今」しかありません。「今」が望みの状態でなければ、これからもずっと望みが実現することはないのです。

また、「私たちが何者であるか」「何のために生きているのか」という根本の根本の事実が抜けていると、当然、エゴ(仮の自分・アバター)の欲求を満たすために”外側”に情報を求め続けることになります。

私がこのブログで伝えたい唯一の情報は、
「私たちは、”ひとつの意識”であり、世界を創り出し、人間というアバターと通して世界を体験している」

これだけです。

これさえ”知って”いれば、未来に成功を夢見ることも、成功を追い求めることも、他人の言葉を信じ込むことも、無意味であることに気づくでしょう。

私の場合、自分の本質を知り体感できるようになってから、他人を崇めたり、成功者の言葉に影響されるようなことはなくなりました。本やブログを読むことはありますが、それは、成功のための情報を探り、かき集めるためではなく、単に「楽しむ」ため、もしくは「他人の考えを知る」ためです。

他人を崇める必要はない

freedom-1886402_640

全く見なくなった本やブログもあります。特に、「読者を混乱させるもの」「小手先のメソッドやテクニックを紹介し続けているもの」「本質が抜け落ちているもの」・・・・

これらは、私にとって見る意味が無くなってしまいました。

「小手先のテクニック」 「状況に応じた対処法(特に人間関係)」

こういう内容の話は、いくらでも作れます。
「○○の場合はどうすればいい???」 「□□の場合なら????」

本質が抜けていると、対処法など無限に作れます。読者はいつまでたっても本質をつかめないまま、”現実に対処”するメソッドや思考法を自分に強制しようとするのです・・・・・

もし、あなたが、(成功・願望実現)のための知識やメソッドを追い求めており、今の自分に不安を感じているとしたら、こう考えてください。

「この人は私を混乱させて自分の世界に引きずり込もうとしているのではないか??」

これに気づいたら、一旦、情報から離れてみてください。

当然、私のこのブログも信じる必要などありません。単なる読みものとして読んでいただいてもいいと思います。

ただ、私がこのブログでお伝えしている内容や、本に書いている内容は、「私の言うことを聞けば成功できますよ!」という内容ではなく、「皆さんが自分の本質に気づき、自分の力に気づけば、誰かに頼ることなく、人生を楽しむ(人生という舞台で遊ぶ)ことができますよ!」という内容です。

知識欲を満たす目的ではなく、実際に体験・体感してもらいたいと思っているのです。

自分の人生を他人に委ねる必要はありません。
はっきり言うと、「他人を崇めている場合ではない」のです。セミナーに行くこと、本を読むことが”楽しい”のならいくらやってもいいと思いますが、成功を追い求めるためにやっていると、「成功を追い求める状況」が続くかもしれません・・・・

他人を崇める必要はない でした

●人間ゲーム設定変更メソッド

●Twitter   (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ

クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP