「将来」の幸せとエゴと苦悩

エゴは苦悩が無ければ生きていけません。エゴは苦悩そのものでもあり、苦悩をエサにしながら生きながらえています。

エゴは苦悩や不足、未達成の状態を本当は手放したくないのです。どんなに強い願望をもったとしても、”今ここ”に無い(と選択・採用している)ものは、無いままです。エゴはあるがままを絶対に認めようとしません。何かをしなければならない、何かを手に入れるべき・・・といった強迫観念に駆られています。でも実は
苦悩を手放したくないのがエゴなんです。
苦悩していなければエゴは生存できないのです。

この動画はエゴの将来への期待や実現への執着と、その前提を話しています。

「証拠がなければ”既にある”・”実現”を採用しない」のであれば、そのまま不足を体験し、証拠を得られるまで、実現を”おあずけ”にするだけです。エゴはこういうことを知らずにやっています。でもしかたがないんです。そういうものですから。
「簡単には幸せになっちゃいかん!」
「テクニックをマスターし、自分を変えてからでないと成功するはずがない」
「物に頼らなければ、パワーを手に入れることはできない」
「スゴイ人物の言っていることを”理解”しないと成功できない」

エゴ君は本当は「今」幸せにはなりたいのではなく、「将来」幸せになりたいのです。「将来」の幸せを求め続けるために、「今」の不幸を前提として採用し続けます。今の不幸が延々と繰り返されるだけですから理想の将来はやってこないでしょう。もちろん証拠を得ながら、すこしづつステップアップして理想にたどり着くこともできますが、最初からその理想を今ここに持ってきてもいいんです。

今ここで満足してしまったら、何もしなくなるのではないか・・・・ではなくて、とにかく「今ここ」で無条件に満足していいんです。エゴ(偽りの私)と一体化せずに、常に完璧なスクリーンとしての本当の私として、ただ在ればいいんです。

しなければならないこと(have to)ではなく、したいこと(want to)をしていいんです。これはテクニックではありません。したいこと(want to)をやればうまくいくということでもありません。何かするんなら、自分の価値があるのを大前提にして、やりたいことをやればいいのではないでしょうか。何をするのも皆さん次第です。

o0640041813814589406

私たちは”えさをもらうために芸をする犬”(エゴ)ではなくて、”主人”(スクリーン・意識)の方です。主人が、「芸をマスターしなけりゃ愛してやるもんか・・・」「”待て”も出来ないヤツにご褒美なんかやるわけないだろ・・・」なんて言うでしょうか。

他人と比較していてもキリがありませんし、今ここで価値を認めるしかありません。パーミッション(法)を紹介しましたが、そんなのはテクニックでもなんでもなく当たり前のことなんです。”許可”するまでもなく”選択・採用”できるのが本当の私(意識・スクリーン)です。

「将来」の幸せとエゴと苦悩 でした。

●人間ゲーム設定変更メソッド
●Twitter (eric358game)


引き寄せの法則 ブログランキングへ
クリックしていただけるとうれしいです。


PAGE TOP